いただきますプロジェクト発足 フォーラム

0707sam-041

2014/07/07 (山梨県 | 清里)

今から2年前の七夕に、山梨県清里の清泉寮に、全国からシェフや生産者をはじめ、「食」に携わる人々が集い、食の未来を考え、よりよい環境を提案したいとフォーラムが開催され、ロングテーブルでディナーが提供されました。

「一杯のワインが世界を変えることができる 」。これは、葡萄の生産者・醸造家であるBeau Paysageの岡本英史さんのワインのバックラベルに書かれたメッセージです。これは岡本さんの哲学そのものであり、シンプルで本質的。 「いただきますプロジェクト」の活動指針となったこのメッセージのもと、「食べること、飲むこと、耕す(育てる)、提供すること 」を通して世界を少しでも変えられるか、という問題提起をフォーラムで行いました。メンバーは、生産者、シェフ、サービス、インポーターなど食に携わるものたち。食のジャンルや職種の違いを乗り越えで全てのメンバーも「繋がる」ことができました。 Florilège川手寛康総料理長が選んだテーマ「つながり」を表現したディナーの提供を通して、 100人近いゲストの皆さんとも想いを分かち合いました。当日の様子は、こちらのFacebookページより。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中