About Us

「おいしさ」をつくるときに見えること、
「おいしさ」を感じるときにわかることはたくさんあります。
つくる・食べる・伝える人が、食を通して未来を考える。私たちはそのような小さな
きっかけの場を創造するプロジェクトです。
食べ方や飲み方で地球は変わるのです。
そんなの夢みたいとあなたは思うかもしれません 。
でも、いつかあなたも、 私たちと一緒に歩き出してくれることを願っています。

山梨のワイン醸造家・岡本英史さんが自身のつくるワインのエチケットに込めたメッセージに共感した日本国内のシェフ、生産者、インポーターらが集い、ともに考える機会をつくろうという思いから2014年7月に山梨県・清里で始まったプロジェクトです。


レストランでお客様と交わす言葉、スタッフとの何気ない会話、仲間とイベントを開催する時の打合せ。日々繰り返されるメンバーの活動の中にも「いただきます・プロジェクト」で集った時間の記憶が、小さなさざ波のように投影されてきました。志のある生産者との持続可能な関係構築、生産者・料理界の担い手の育成、子どもたちや社会の食の教育、そして自然環境への意識。食に携わるプロとして、食を通して未来を築く可能性について考え続けること。
小さなさざ波が運んだ、そんないくつもの種をメンバーの思いに共感する方々と育んでいく。
そんな機会をこれからも創造していきます。
 
広告