農と食の遺産 フォーラム

今帰仁

20160912-0913 (沖縄県|今帰仁村)

沖縄本島・今帰仁で豚を飼育している高田さんや、野菜・果実の生産者さんを囲んで、食と農業について語る「食と農の遺産」をテーマに、フォーラムを開催いたします。 今回のフォーラムはいただきますプロジェクトと今帰仁村の共催。沖縄本島で取れる島野菜や、今帰仁の高田さんの豚を使い、「いただきますプロジェクト」のシェフらによる料理を提供する予定です。一部、Casa Brutus 8月号にて一般募集を行いましたが、基本的にはクローズドのイベントになります。フォーラムやディナーの模様は後日FacebookInstagramなどで報告してまいります。 

“農と食の遺産 フォーラム”の続きを読む

広告

いただきますプロジェクト発足 フォーラム

0707sam-041

2014/07/07 (山梨県 | 清里)

今から2年前の七夕に、山梨県清里の清泉寮に、全国からシェフや生産者をはじめ、「食」に携わる人々が集い、食の未来を考え、よりよい環境を提案したいとフォーラムが開催され、ロングテーブルでディナーが提供されました。

「一杯のワインが世界を変えることができる 」。これは、葡萄の生産者・醸造家であるBeau Paysageの岡本英史さんのワインのバックラベルに書かれたメッセージです。これは岡本さんの哲学そのものであり、シンプルで本質的。 「いただきますプロジェクト」の活動指針となったこのメッセージのもと、「食べること、飲むこと、耕す(育てる)、提供すること 」を通して世界を少しでも変えられるか、という問題提起をフォーラムで行いました。メンバーは、生産者、シェフ、サービス、インポーターなど食に携わるものたち。食のジャンルや職種の違いを乗り越えで全てのメンバーも「繋がる」ことができました。 Florilège川手寛康総料理長が選んだテーマ「つながり」を表現したディナーの提供を通して、 100人近いゲストの皆さんとも想いを分かち合いました。当日の様子は、こちらのFacebookページより。